2017年02月23日

マーロックナイトは弱い

強いのか強くないのか弱いのかという感覚で、個人的には弱いまではいかずとも弱くはないというほど強くない気がするというお話。

激励で出てくるミニオンは

1/1 タイニーフィン、グリムスケイルの託宣者(全体バフ持ち)
1/2 タイドコーラー(自己強化)
1/3 マルグルトン、パイルフィンの異端審問官
2/1 襲撃兵、タイドハンター、鯛ド変態、ブルーギル(突撃)
2/2 コールドライトの託宣師
2/3 コールドライトの予言者、コールドライトの妖言者
3/2 バドルストンパー
4/2 シーデビルスティンガー
3/3 戦隊長(全体バフ持ち)
2/4 マークアイ(自己強化、突撃)、六丸(隠れ身、召喚効果持ち)
2/5 スピリットウォーカー
3/4 マーロック騎士

こんな感じで

6マナ使うマーロックナイトと比較対象として適切なのは5マナのカラカザームやシルバーハンド騎士あたりでしょうか。
それらと比較したときに

だいぶ弱い 8種
ちょっと弱い 4種
同程度 3種
相当強い 4種

であると感じます。
具体的にはマークアイ、スピリットウォーカー(2/5でドローつくやつ)、マーロック騎士、戦隊長が使用したマナに比べて相当強いカード、バドルストンパー、シーデビルスティンガー(4/2バニラ)あたりがまぁマナに見合ったカードであるかなぁと。

相当に強いカード群はマーロック騎士が登場した段階から常に存在していました。
当時は12種しかマーロックがいなくて、ヒロパを押したら3回に1回はゲームが壊れるような強さを発揮していたのです。
その後、弱いマーロックで薄まって4〜5回に1回の頻度まで強力なカードが出る確率は落ち、3回に2回は弱いと感じるカードが出るようになりました。

というのをなんとなく体感していたのですが、具体的な数字は今記事を書くために調べました。

ADWCTA&Merpsが提供しているTierリスト(http://thelightforge.com/ja/TierList)では61点のグッドカードであるとされていますが。
体感的にはアバブアベレージの下の方か、最悪アベレージの下のほうでもおかしくないなぁという気がします。
もちろんプレイヤーとしての実績は彼らのほうが私より上なので私が必ずしも正しいというつもりはないですが、共感してくれる人もいるのではないでしょうか。(相手が使うと騎士が出て強いけど自分が使ったらゴミしか出ないみたいなことを言うつもりはありません。体感としては相手にしてもそれほど脅威は感じないカードになりました)

アリーナのスタン化でカードプール変わってこの辺の確率も変わってきますが書いちゃったものは書いちゃったので一応。

追記
コメントに指摘がある通り、六丸の存在を忘れてました。
六丸が出るのは6マナのカードとしてみたらほんの少し強い程度でしょうか(デッキに追加のマーロックナイト等があれば相当強い枠に入ると思います)
posted by セレン at 21:05| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
六丸
Posted by at 2017年03月03日 21:12
お返事遅くなりました
六丸忘れてましたね。
完全にミスですので修正しておきます。
Posted by セレン at 2017年03月18日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: